PHPを始める前に

あなたにもPHPはできます。本当です。これまで多くの方がプログラムを組んでいきました。とうとう最後までできなかった という人はゼロです。中には、プログラミングは初めてどころか、キーボード指 1本打ち の年配の方もいらっしゃいました。だからできるのです。できなくさせている何かがある とすれば、それはたぶん、あなた自身の思い込みです。 私にはできない、俺には向いてない…そんな言葉を無意識に発していませんか?あんまり言っている と、本当にできなくなってしまいますよ。 代わりにこう言いましょう。「これができる私って、やっぱりスゴイ。俺、やるじゃん!

サッ力ーを覚える近道は、ルールブックを暗記するよりも、まずボールを蹴ってみることです。クロスワードパズルを始める前に、辞書をマル暗記する人なんでいませんよね。それと同じです。「そうは言っても基礎からやらないと…→いいえ、基礎は後回し!ますは基礎からきちんと勉強しなくっちゃ…と思った方、それは止めましょう。ますは手を動かしてください。  あ!動いた!の感動が大切です。 次に何でこうなるの ? と疑問に思っ たら調べてください。「へ~なるほどり という感覚があったら、それが基礎に 触れた瞬間です。 基礎は後回しが鉄則。これなら、辛くないばかりでなく、感動すら昧わえますよね。挫折しそう…→それを避ける秘訣があります。
多くの人が独学でPHPに挑戦しては、挫折していきます。なぜでしょう? それは落とし穴 に落ちるからです。
こんなふうに落っこちる  やっぱり難しそうじゃん…と諦めてしまう。
入門書を買ってきてはチャレシジ。でも、できない。買った本がよくなかったからだと思い込み、また書店へ。やがて机の上は入門書の山。そしてホコリまみれに…。インターネットの時代になってから、楽になった事と、ややこしくなった事があります。 1冊の入門書でうまく説明するのが困難になってきたことも事実です。つまり、 これまでのような方法では、プログラミングの世界に入っていくのが難しくなってきたと いうことです。

おすすめ:PHP入門なら1日でできるPHP入門講座のC60