サーバーにアップロードする

サーバーにアップロードするってどういうこと?
Web サイトを作ったことはありますか?作ったことのある方はご存知だと 思います。作ったことのない方も大丈夫です。そういうものだと思ってください。通常Webサイトは、まずパソコンの中で作ります。インターネットで閲覧できるようにするためには、作った Webサイトのファイルを、あなたが借りたサーバー(世界のどこかに設 置されている大き目のパソコン)の中にある特別なフォルダにコピーしなければいけませ ん。この作業をアッブロードといいます。 ここで使うサーバーは XAMPPです。そう、あなたのパジコンの中に設置されているので す。 XAMPPの中にある特別なフォルダにあなたが作ったWebサイトのファイルをコピ ーするだけで、アップロードしたのと同じことになります(インターネットからの閲覧はでき ませんが、本物のサーバーと同じ動作をしてくれます)。また、その特別なフォルダの中を 直接編集することもできます。だって、あなたパソコツの中にあるのですから。
特別なフォルダ、 [htdocs] を探せ!
Webサイトをアップロードする特別なフォルダとは、どこにある何という名前のフォルダ なのでしょうか?それは [xampp] フォルダの中にある、 [htdocs] というフォルダです。 見つけてみましょう。たくさんのフォルダの羅列の中に必ずあります。これこそが、 Web サイトのアップロード先なのです!
これが文字化け対策だ!
手作業用フォルダ[phpkiso] をつくろう!
[htdocs] フォルダの中に、フォルダ [phpkiso] を作りましょう。この中に Webサイトやプログラムを作っていきます。[htdocs] フォルダの中に、 [phpkiso] フォルダを作ってください。
サーバーを UTF-8 化しよう!
まずは [phpkiso] フォルダの中の文字コードを UTF-8 にします。 XAMPPをインスト ールしただけではまだ UTF-8 にはなっていまぜん。 まず、 TeraPadを起動してください。そして、UTF-8にする文字を打ちます。ちょっと大変 ですが、半角文字で慎重に打ってください。
打ち終わったら、スペルミスがないか、うっかり全角で打ってしまっているところはないか、 チェックしてください。何を書いているのか意昧が分からなくても OK です。もちろん意味はあるのですが、今は知らなくて問題ありません。こういうものだと思ってください。